絶対効く降圧剤と山口洋子について

直木賞作家の山口洋子氏は作家であるとともに作詞家でもあったので多くの曲に詞をつけて提供していました。代表作としては五木ひろしに提供した曲です。山口洋子さんは難病を患っていて、その治療のために多額の借金をしていたのですが、最終的には都内の病院で誤嚥性肺炎で死亡しました。山口洋子氏の葬儀は近親者だけで行われたのでマスコミ等にもあまり露出はしませんでした。降圧剤は高血圧の治療に使われる薬で副作用は少ないのですが、絶対効くので処方されている患者が増加しています。しかし血圧を下げる降圧剤に関しては肝臓への負担を考えると服用しないほうが良いので、生活習慣を改善するなどして降圧剤に頼らない血圧のコントロールが重要となります。血圧のコントロールをすると血行が改善されるので体調も良くなるのですが、絶対効く降圧剤でも効果が無い場合には他の薬を併用するなどして血圧をコントロールします。高血圧は脳卒中などのリスクを高めるので、絶対効く降圧剤などを服用して、血圧を下げる努力をしなければならないのですが、運動や食事、ストレスを管理しなければならないので、健康な状態を維持するのは非常に難しくなります。血圧に関しては基本的には生活環境によって高くなるとされていますが、家族が高血圧の場合は、同じような数値になりやすいので注意が必要で、軽い有酸素運動をするなどの適切な対処をしなければ病気のリスクが年齢とともに高まっていきます。また喫煙習慣は血管の老化に大きな影響を及ぼしていて、喫煙をすると血管が収縮を繰り返すので、それによって血管の壁が硬化していって最終的には血栓などが原因となって脳梗塞などが起きる可能性もあります。