降圧薬のCa拮抗薬はどの病状に効くか

高い血圧を降圧させる効果のあるお薬がいくつかあります。その中で、Ca拮抗薬の役割は血管を拡張させることで血圧をさげる降圧側の働きをしています。各種類の降圧剤の中でも降圧効果は高く強力であり、副作用は多くありません。幅広い疾患の第一選択肢として用いられているものです。また昔から知られているお薬で、収縮期の血圧値が高い方や狭心症などに適すると言われています。このお薬は合併症の有無によらず他の降圧剤と併用しやすいようです。このお薬の作用原理は、カルシウムイオンが細胞の中に流れ込むのを防ぐことで血管は収縮せず、逆に広がるというものです。我が国では、昔から使われています。このお薬の副作用には、頭痛や便秘、動悸や顔のほてりなどが知られています。心臓には冠動脈という名前の血管がありますが、ご存じでしょうか。今の時代、日常生活の中での運動不足や過剰な食事内容からおこる病気に狭心症や動脈硬化などがあげられます。冠動脈に拡張作用のあるCa拮抗薬は、降圧することで狭心症疑いのある方には、予防効果があるとされています。また血流も改善されることから動脈硬化の予防ができ臓器の保護作用としても期待されています。さて、反対にCa拮抗薬の副作用も知られる中で、動悸を抑える働きのあるCa拮抗薬も報告されています。副作用も個人により差がみられるようです。また男性よりも女性の方が副作用症状がでやすいとの報告もあります。これは女性ホルモンとの関係や更年期での変化なども関係していると言われています。このCa拮抗薬を服用される際の注意点としては、グレープフルーツと一緒に飲まないようにすることとされています。これはCa拮抗薬のもつ作用が増強すると考えられているからです。また糖や脂質の代謝、電解質の代謝にも悪い影響はないため糖尿病や脂質異常症をもつ患者にも有効です。

降圧薬の併用療法

高血圧改善のための薬、降圧剤。現在、効能によって大きく6つに分類されています。そのうちの1種類のみを利用して降圧治療を行っていても改善が難しく、数値に変化が見られなくなってきた場合に併用療法を取り入れることが現在の高血圧治療の主流となっています。併用療法は、2種類以上の降圧剤を使うことを言います。1種類の薬剤の効果が薄れてきたり効果が上がらないときにその薬剤の量を増やすことは副作用の危険性を上げてしまう危険性があります。逆に2種類以上の降圧剤を併用することにより、それぞれの薬剤のメリットを活かしあう相乗効果で降圧効果が上がったり、副作用が少なく継続して飲みやすくなります。また、複数の薬剤を組み合わせることにより、1種類当たりの薬の量も減るというデータもあります。現在、降圧剤の組み合わせによる相乗効果や副作用などは臨床試験で明らかになっていて、患者の病状によってもっとも効果が高いと思われる組み合わせで処方されています。しかし2種類以上の薬剤を飲むことで患者の薬の管理が大変になったり、治療費の増加などのデメリットもあります。そのため、合剤と呼ばれる2種類の降圧剤を1つにした錠剤も処方されるようになっています。すべての組み合わせで合材があるわけではないことと、合併症の危険性などによって処方されているほかの内服薬との兼ね合いによっては細かな薬剤量の管理も必要となります。そのため、併用治療をしているすべての方が合材を利用できるというわけではありません。降圧剤は血圧を下げてくれる高血圧の治療に欠かせない薬です。しかし、高血圧の原因を治療してくれる薬ではありません。薬に頼るばかりではなく、生活習慣の改善で正常な血圧になるように努力することも必要です。

生活習慣改善による降圧の程度の変化は?

降圧剤を服用するようになると、薬を手放せなくなります。生活習慣の改善だけでは、血圧を安定させることができません。そういう意味では、高血圧症は完治しない病気だと言えます。症状が軽度なうちならば、生活習慣の改善だけで降圧させることは可能です。高血圧の予備軍の状態ならば、減塩と低脂肪食、ダイエット、適度な運動、適量の飲酒を心がけることで降圧させることが可能です。正しい生活習慣を続けることで、適正血圧まで下げることが可能なのです。減塩は降圧のために最も大切な対策となります。日本人に高血圧が多いのは、塩分の多い食事を食べているからです。和食の唯一の欠点は塩分の使用量が多いことなので、減塩を心がけましょう。脂肪の摂りすぎも血圧を上げるので、脂肪の摂取を減らしてダイエットすることが大切です。健康的に痩せることは、高血圧を含む生活習慣病の予防に役立ちます。無理なダイエットはリバウンドを招くので、急激に体重を落とす方法は避けたほうがいいです。適度な運動は身体の機能を正常に整えます。これは血圧に関しても言えることであり、毎日のウォーキングを日課にすると血圧の安定に役立ちます。運動で注意したいのは、無理をすると逆に血圧を上げてしまうことです。ストレスが血圧を上げることはよく知られており、降圧の対策をする場合もストレスが溜まらないように工夫する必要があります。飲酒は適量であれば問題ありませんが、飲みすぎは避けたほうがいいでしょう。喫煙に関してはまったくメリットがないので、降圧のためには禁煙するべきです。現在は無理なくタバコを止められる禁煙外来と呼ばれる診療科も登場しています。最も無理なく確実に禁煙するには、医療機関で治療を受けるのが一番です。
↓高血圧治療薬といえばコレ
ノルバスクで高血圧症改善
↓誰でもわかりやすく薬の通販ができます
医薬品を通販で買うならここがおすすめ
↓常備薬が通販で購入できる
アダラート